介護事業関係者の方へ

GUM13_PH06009

  • 哲学的スピリチュアル・ケア
  • ホリスティック医療
  • コミュニケーション&ラポール&カウンセリング
  • によって、利用者、利用者の家族に喜ばれ介護従業員の

やる気、生き甲斐の向上、人格の向上、

介護事業の組織力の向上の全てに寄与することができます。

 

利用者、利用者の家族に喜ばれる

哲学的スピリチュアル・ケア、ホリスティック医療、

コミュニケーション &ラポール&カウンセリングを学び、

実践していくことで、利用者、利用者の家族から喜ばれ、

感謝されるようになっていけます。

介護には情緒的交流が避けられないものです。

相手への依存、相手を避けたり、相手と競争したりと

いうような情緒的交流があります。

それによって介護者がやる気を増したり、

生き甲斐を感じたりします。

 

介護者のストレスマネージメント

逆に何らかの抵抗感も覚えます。

介護という仕事は場合によってはストレスの

原因にもなります。

嫌なことも仕事として割り切って考えられる

介護者は利用者やその家族から喜ばれたり、

感謝されることがなくても仕事を続けられるかも

知れません。

しかし、介護者も人間なので、長い間に嫌な

ことが続けば、また感謝もされないという

状況が続けばやはりストレスとなって蓄積していくでしょう。

仕事だと割り切ることで、利用者や家族から喜ばれ、

感謝される可能性が少なくなる可能性もあります。

また、利用者や利用者の家族のためになろうと

考えている介護者の場合には、利用者から喜ばれ、

感謝されることでやりがいを感じるでしょう。

そういう介護者の場合は、嫌なことをされたり、

言われたりすれば大きなストレスになることも

あるでしょう。

介護関係の支援内容の詳細はこちらから

支援の詳細は:

ホリスティック メンタルヘルスケア サービスの詳細はこちらから

要介護状態による人格の変化に対応する能力を支援

利用者の人格に偏りがあり、介護者には精神的負担と

なります。

要介護状態になって、大人の人格が薄れ、もともとの

人格が強調されてきます。

わがままな人はよりわがままになり、

人間嫌いな人はますます人間嫌いになり、

依存的な人はより依存的になります。

引きこもり傾向の強い人は、介護者の支援を

受け入れなくなる可能性があります。

疑い深い人は介護者の行為を被害的に

うけとってしまうかもしれません。

自己愛の強い人は、介護者を自分の思い通りに

しようとするかもしれません。

依存傾向の強い人は一人では何もしないように

なるかもしれません。

完全主義的な人は看護者の言動に

いちいち口をさしはすむようになるかもしれません。

感情が不安定な人は介護者に怒りをあらわしたり、

逆におちこむかもしれません。

介護者がこのような利用者と接すると、

人に対し攻撃的になったり、逃避的になったり

自己防衛的になったりします。このようなストレスを

受けると、利用者へのサービスにも影響を与える

場合もあります。

そこで、どのような利用者であっても家族であっても、

ベストなコンディションでサービスできるための支援をします。

哲学的スピリチュアル・ケアのパーソナルトレーニングを

重ねることで、利用者や利用者の家族からの影響があって、

感情的に傷つけられても早く元に戻れるようになります。

たとえ傷つけられた相手でも、あくまでも利用者の

ために役立とうという姿勢を維持できるようになります。

それで、利用者やその家族から喜ばれ感謝されるために、

どうあるべきかを考えられるようになります。

また、コミュニケーション&ラポール&カウンセリングを

学んで、実践することで、感情に対しストレートに

感情で受けるのではなく、相手が要介護者なら

その状況を把握し、落ち着いて適切に対応できる

ようになります。

介護関係の支援内容の詳細はこちらから

支援の詳細は:

ホリスティック メンタルヘルスケア サービスの詳細はこちらから

ページ上部へ戻る