在宅介護とその家族の方へ

GUM13_PH05061

哲学的スピリチュアル・ケア

ホリスティック医療

コミュニケーション&ラポール&カウンセリングを
学び実践することで、介護者が感じる孤立感、

不安感、負担感、被害感、無力感、

怒り、罪悪感、悲しみなどを乗り越えることが

できるようになります。

 

孤立感

介護で感じる不平不満、愚痴を発散できる

相手がいない場合、いても話を理解してもらえない場合に

孤独感がつよまります。 要介護者が認知症で

コミュニケーションが十分にできなくなったりすると

さらに孤立感が増します。

 

どう支援できるか

そういった不平不満、愚痴が心に起こってきても、

ホリステイック医療の方法で、早いうちに

心を切り替えられるようになります。

またそれをいつまでも心にとめておかないように

することができます。悩みに心が支配されないようになり、

自分で解消できなければ、適切な人に相談しようと

思えるようになれるでしょう。

 

不安

ストレスをホリスティック医療の方法で軽減できるため、

不安が強まって自分ではどうにもならないように

なることを防げます。

 

負担感、被害感

負担感も介護に対して積極的に立ち向かえるように

なれるので、自分の心の中で解決のつかない

負担感となりにくくなります。

ストレスが高まって、被害感が確信になることを

防ぐことができます。

 

どう支援できるか

一つはホリスティック医療の方法でストレスを解消できること、

またコミュニケーション&ラポール&カウンセリングを

学び実践することで、周囲の人に理解をえられる

関わりが持てるようになるためです。

 

無力感

ストレスをホリスティック医療の
方法で軽減できるため、無力感で悲観的になったり、
意欲の低下の状態になるもを防ぐことが
できます。

 

無力感から燃え尽きになることも
防ぐことができるようになります。

 

怒り

要介護者に自分の気持ちが要介護者や他の家族に
伝わらないために起きてくる怒りの感情は

 

 

哲学的スピリチュアル・ケア、
ホリスティック医療
コミュニケーション&ラポール&カウンセリングを
学び実践することで、

 

人との接し方が変わって
くるため直接行動になったり、いつまでも
根に持つことを防ぐことができるように
なります。

 

また、虐待という状況になることを
防ぐことができるようになります。

 

罪悪感

自分を責めたり、悔んだり、償おうという
ような罪悪感で苦しむのを
防ぐこともできるようになります。

 

悲しみ

悲しみの感情が起きてきた場合は、
適切な人とそれを共有しあうことも
できるようになります。

 

在宅介護者とその家族

在宅介護者、その家族への支援の詳細はこちらをクリック。

哲学的スピリチュアル・ケア教育の詳細はこちらから

ページ上部へ戻る