ブログ

介護現場のストレスとそれを乗り越える人間の力

介護

介護ストレス

介護現場は人間関係を中心に強いストレスを
乗り越えて行かなければならない職場です。

そのストレスは
働く人の健康、物事の受け止め方等からくる
ストレスや、

利用者との人間関係によるストレス
職場の人間関係のストレス
介護に関する社会の評価に起因するストレス
があります。

これらのストレスを乗り越えるためには、
身につけるべき習慣に加えて、
本質的な人間の力を高めていくことで、
燃え尽きにならず、徳のある介護が
可能になるでしょう。

働く人の健康に関するストレスとしては、
過労で体調を崩したり、身体の不調で
心が暗く、後ろ向きなったりすることも
あるでしょう。

また、物事の受け止め方としては、
たとえば、使命感が強くて、なんでも自分で
頑張らねば、辛抱しなければと思って
強いストレスがあると、違う考えの
人との人間関係に悩むでしょう。
利用者との人間関係のストレス
については、たとえば、
思いが利用者にうまく伝わらず
悩むこともあるでしょう。
利用者とのコミュニケーションの
ストレスとしては、家族が介護
うつである場合とか、

家族内で意見が異なっていて、
別々に要望を言われたりすると
まとまらず苦労します。
職場の人間関係のストレスとしては、
権利主張の強い人、自己防衛の強い人
がいる場合や、上司とうまくいかないと
いうようなことがあるでしょう。
介護に関する社会の評価としては、
職場の福利厚生面とか給与、などが
ありますが、個人としては当面
どうにもならないことがあります。

介護ストレスを軽減する習慣

そこで、そのようなストレスを
乗り越えていくため、個人または
職場の習慣を変えていくことも
必要です。

利用者の視点で考え、利用者満足を
追求する習慣

職場として効率化、時間管理、
サービスの同質性に取り組む

チームワークで取り組む習慣

全体を観れる習慣

気づきの習慣

互いに感謝しあい、勇気づける職場

というような習慣を身に着けて
いくことです。

人間の力を高めることで習慣が継続できる

これらの習慣が身につくためには、
一人一人の生き方の中に仕事を
きちんと位置付け、日ごろから
その日の仕事については反省し、
改善点を明確にしていくことで、

自分自身の人間の力を高めて
いくことが必要です。

人間の力を高めることを
継続していくことで、
仕事のやりがいを感じられ、
また、よい職場にしていこうと
いう気持ちにもなれます。
さらに職場の一人一人が
よりよい職場にしようということに
納得して取り組み、

よりよいサービスを提供することに
全員が協力し、研鑽し、互いに
支援しあう職場づくりが
欠かせません。

人間の力を一歩一歩向上していく方法として

ホリスティック メンタルヘルスケアを

提供し、支援しています。

ホリスティック メンタルヘルスケア

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る