ストレスへの対処法

  1. 超越瞑想法でストレス解消

    TM瞑想、ヨガ、座禅、坂本式超越瞑想など瞑想にはいろいろありますが、どれも共通してストレスをやわげる効果があります。米国エモリー大学の研究チームは、人を思いやる瞑想でストレス減少させられることを発見しています。

  2. 丹田呼吸法でストレス解消

    両手を腹筋の辺りに当てて、仰向けに寝て、少し上半身を起こす腹筋運動をして下さい。腹筋が硬くなるのが分かります。その一番堅くなった所が丹田です。臍から指3,4本位下の位置にあたります。

  3. ストレスを緩和するいくつかの方法

    現代人は日常の生活の中で多くのストレッサーに出くわしドキドキしたり、緊張したり、胸が苦しくなったりします。日常の多くの時間はストレッサーに会っています。ストレスが十分に回復しないうちに、ストレッサーに出くわすことを繰り返すようになります。

  4. ストレスに関係アリの「ホメオスタシス」とは

    身体がストレッサーにさらされたときでも安定した状態にするための仕組みを体は持っています。自律神経、内分泌、免疫といった働きが、安定的に働くようにする機構を、ホメオスタシス(恒常性維持機構)といいます。 ベルナールにより見出されました。

  5. 超越瞑想法でストレスを緩和してアルツハイマー病を予防

    ストレスを受けてそれを嫌だと思うとその記憶が残ります。何度も同じことが繰り返されればストレスが脳の細胞にダメージを与えるようになります。ダメージが繰り返されればついにアルツハイマー病の原因になることもあります。

  6. 自律訓練法でストレスを和らげる

    ストレスという言葉はラテン語でアクセントを高める、強調するという意味です。セリエによって外部刺激に対して生体内部におきる生理的な反応をストレスと言ったのに始まります。現代人は日常的にストレスにさらされています。

  7. 忙しいだけでストレスを強く感じるわけではない

    忙しい経営者でも、経営が順調であれば、ストレスの症状は表れません。会社の経営や人間関係で問題があると、ストレスによる症状がでてきます。ある学者の言う所では、人はある病気の治療法が見つかったというだけでその病気にならなくなるというのです。

  8. 家庭内でのストレスの対処法

    夫婦の間のコミュニケーションのもつれや、更にそれが子供も含めた家庭内の対立や、孤立を生じます。夫、妻、姑の三角関係も大きなストレスとなります。

  9. 過労からくるストレスへの対処法

    いわゆる猛烈社員、責任感の強い管理職のような場合には、あまりに仕事中心になりすぎて、過労になることがあります。仕事で緊張が続けばストレスが蓄積し、心身に影響が及びます。いらいらしたり、仕事の失敗が重なったりするだけでなく、身体の病気にも繋がることがあります。

  10. 心のエネルギーの消耗を回復する

    例えば、やらなければならない仕事が山のようになっています。気は焦っていますがやる気が起きてこないという状態です。何もかもうまくいかない気がしています。こういった状況は、心のエネルギーーが消耗した状態です。

ページ上部へ戻る