スピリチュアルケア・カウンセリング

  1. スピリチュアルケアカウンセラーは常に人格を高める努力が必要

    カウンセラーやセラピストはクライエントと真剣な姿勢で取り組み、信頼関係を築いていく必要があります。クライエントの悩みは他人事と冷たい目で見ているだけでは、クライエントの心に響くような対話はできないでしょう。

  2. 「取りこし苦労」の悩みをケアする

    人間は自分の将来、一瞬先でも予測することはできません。人間は未だ起きていないことへの不安、取りこし苦労をします。そしてそれが頭から離れず悩みます。

  3. 喪失体験による悲しみ・心の悩みをケアする方法

    喪失体験による心の悩みは誰にでもあります。子として親をなくすこと、親として子をなくすこと配偶者をなくすこと恋人に去られることなどがその例です。人生の最後には自身の死という喪失にいやおうなしに直面します。

  4. 悩みの本質が明らかになれば、対処することもできる

    悩みは誰にでもあります。悩みのない人はないと言えるくらいです。悩みはどんな意味を持つのか、悩みの受け止め方、悩みがあっても病気にならない対処の方法を考えます。

  5. がん哲学外来とスピリチュアルケア

    がん患者や家族、医療関係者らの対話の場「がん哲学外来メディカル・カフェ」が関西各地で開かれるようになり、注目を集めている。多忙な病院など治療の現場に代わって患者に対話の機会を提供する活動が、「医療の隙間(すきま)」を埋めると共感を呼んでいるが、関西では低調だった。

  6. オランダの安楽死法とスピリチュアルケア

    わが国における医療と介護改革について欧州から学ぶことの2回目は、「看取り」の問題である。日本ではまだ「死に方の話なんて縁起でもない」「老人は早く死ねってことか」と終末期の話題は避けられがち。

  7. 森田療法をスピリチュアルケアに活かす

    スピリチュアルケアをするときに活かす森田療法は心が悩んでいる人がどうすれば、その悩みにとらわれずに、生きることができるかというスピリチュアルケアに活かすことができます。

  8. スピリチュアルケアが出来る人の特徴

    スピリチュアルケアが出来る人材となる為には、人格というものを学び、更に人格を向上させる為、実践を積み重ねていく必要があります。それによってスピリチュアル・パワーを高めていきます。

  9. 自殺願望者をスピリチュアル・ケアで癒す

    我が国でも、自殺者数はここ10年以上も減っていく傾向にはありません。自殺願望者への働きかけは積極的に行っていく必要があります。電話相談も必要です。 キリスト教者を中心に、命の電話のボランティアがあります。

  10. 現代医学とスピリチュアルケアの両立

    現代医学でスピリチュルケアは可能か 現代日本の医学は人間のスピリチュアルな面を考えない医学になっています。欧米の医学の科学的な面だけが導入されて発展してきたためです。例えば現代医学では人間を実験台のように扱います。

ページ上部へ戻る