健康・長寿の方法

  1. 禁煙でアルツハイマー病を予防

    以前には喫煙者に認知症が少ないと言う報告もありましたが、現在ではそれは否定され、喫煙は認知症の危険があると言われています。認知症の遺伝子であるAPoEε4を持たない人の場合、喫煙でアルツハイマー病を発症する危険性が70%高くなると言われています。

  2. 人付き合いのある生活を持続してアルツハイマー病を予防

    脳をいつも働かせ、気持ちも若々しく保ち、積極的に人と付き合う生活をしていると、脳は活性化して、結果としてアルツハイマー病を予防できるようになります。人付き合いを億劫がると、自分本位に陥り、脳を働かせる必要はなくなりますが、何事も消極的、無気力になっていきます。

  3. 長寿を妨げる足の血液循環の不具合を予防する

    脳疾患、心臓疾患、ガン、肺炎など死に結びつく病気を予防したり、早期発見できれば人間は長寿になります。西勝造先生はこれらの原因の一つは足の健康にあると言っています。足の静脈は心臓からでた血液を心臓にもどすための働きをしています。

  4. 超越瞑想法でストレスを緩和してアルツハイマー病を予防

    ストレスを受けてそれを嫌だと思うとその記憶が残ります。何度も同じことが繰り返されればストレスが脳の細胞にダメージを与えるようになります。ダメージが繰り返されればついにアルツハイマー病の原因になることもあります。

  5. 生野菜食に含まれるビタミンCと健康がポイント

    西式健康法ではビタミンCが健康に重要な働きがあるとして食による健康の上で重視しています。ビタミンCは生野菜に多く含まれています。多くの動物ではアスコルビン酸(ビタミンC)は体内で生成できますがヒトはこれができず、食から摂取しなければならないものです。

  6. 生野菜食で腸内細菌の働きをよくし健康に

    生野菜食は腸内細菌の働きをよくする作用があります。腸内細菌は腸にいるものですが、100種類以上100兆個もいるといわれています。腸内細菌には好気性菌と酸素を嫌う嫌気性菌があります。腸内には圧倒的に嫌気性菌がいることが分かっています。

  7. ストレスを軽減してアルツハイマー病を予防

    ストレスによって脳細胞はダメージを受けます。老年になれば細胞はストレスに耐えられなくなっていきます。それによって脳の活動が低下します。細胞がダメージを受けると、神経伝達機能も犯されアルツハイマー病につながることになります。

  8. アルツハイマー病の運動による予防

    毎日何かの運動をしているとアルツハイマー病を予防に効果があることが分かっています。カナダの研究によれば、65歳以上で週3回以上歩行よりも強い運動を行っている人は、歩行程度の運動をしているか運動をしない人に比べて認知症にかかる人が少ないと言う結果になっています。

  9. 脳血管性認知症の各種予防法

    お茶のカテキンお茶のカテキンは抗酸化作用があり、生活習慣病の予防に効果があります。それによって動脈硬化を防ぎます。コーヒーも認知症予防になると言われています。虫歯、歯周病をケアすると動脈硬化を防げる虫歯をきちんとケアしていると、歯周病を予防できます。

  10. 脳血管性認知症の西式健康法による予防

    脳血管性認知症を予防するには、脳梗塞の予防です。脳梗塞の予防には動脈硬化を予防することです。血液中の脂肪が多く、さらに高血圧があると動脈硬化が速まります。血圧は最大血圧160mmHg以上で動脈硬化が加速します。

ページ上部へ戻る