医療・看護・介護・ホスピス

  1. 介護は感情労働というのは本当に可能なのか

    介護は感情労働と言われるが介護は感情労働だとされているけれど、感情労働のできばえ、評価は困難で、現状は評価されていません。介護では細やかな感情のやり取りがされなければよい介護とは言えません。たとえば、高齢者は若い世代が想像する以上に敏感な心になっています。

  2. 介護現場のストレスとそれを乗り越える人間の力

    介護ストレス介護現場は人間関係を中心に強いストレスを乗り越えて行かなければならない職場です。

  3. 在宅介護で欲動・感情に動かされないために

    在宅介護のストレス在宅介護で介護者がストレスが強い状態だと攻撃衝動が高まり、イライラしたり、怒鳴ったり、些細なことで怒りやすくなったり、要介護者への暴力という行為に発展することがあります。

  4. 在宅介護のストレスとその軽減について

    在宅介護のストレス在宅介護の介護者にかかるストレスとしては身体的ストレス、精神的ストレス、人間関係ストレスがあります。在宅介護では介護者が一人ということも多いので、ストレスは蓄積しやすく、軽減も難しい面があります。

  5. 緩和ケアで患者とのコミュニケーション能力を高めるには

    技術によるコミュニケーション能力アップ緩和ケアで患者とのコミュニケーションで気がかりを適切にひきだすには、単に生物的な病に関するコミュニケーションだけでは不十分です。

  6. 緩和ケアの面接で患者の気がかりを引き出すには

    緩和ケアで患者と面接で気がかりを引き出すには緩和ケアの患者との面接で、患者の気がかりを引き出すためには、緩和ケアスタッフが身体的なことに絞った話を聞くだけでは、不十分と言われています。

  7. 介護で多忙を理由に利用者の頼みを断る習慣の問題

    介護施設の利用者の頼み介護施設等では職員が多忙のため利用者の頼みを十分な説明もなく、無視したり、断る場合もあります。介護の利用者が認知症のような場合、何度も頼みをすることがあります。利用者の頼みにいちいち応じていると癖になるという考え方もあります。

  8. 緩和ケアで患者の心の苦悩に対応困難と感じる

    緩和ケアのスッタフの不安緩和ケアでスタッフが患者の心の苦悩を聞こうと考えても、患者やその家族の苦悩の深いことが分るため、積極的に苦悩を話すように言うと、対応することができなくなるということに不安を感じ、積極的になれないということがあります。

  9. 徳のある介護、看護能力を潜在意識の力で身につけるには

    徳のある介護、看護徳のある介護、看護の能力は先天的、または長い経験で身につくものとされ、誰もが努力すれば徳を身につけられるとは限らないようなものと言われています。

  10. 緩和ケアの面接で患者の気がかりが話されなくなる訳

    緩和ケアスタッフの思いで気がかりが聞けない緩和ケアの面接では患者の気がかり、本音が十分話し合われ、適切な緩和ケアが行われるようにしなければなりません。

ページ上部へ戻る