哲学的スピリチュアル・ケアとは

  1. 心の終活の大切さ

    心の終活最近終活ということが注目されていますが、心の終活をいう人はあまりいません。財産の相続、葬儀、お墓などの準備もあるでしょうが、自分の心について死の準備をすること、周りの人との人間関係の終活ということも 終活として大事なことです。

  2. 緩和ケアで悪い知らせを患者にどう伝えるか

    緩和ケアで悪い知らせを伝える緩和ケアで悪い知らせをどう患者に伝えるかは患者の悪い知らせに対する適応に大事な働きをします。

  3. 終末期患者の心の悩みや感情とスピリチュアルケア

    終末期患者の心の悩みや感情終末期に近づくと、どの患者も心の悩みがだんだん深まり、悲観的な感情になったりするものです。

  4. 仕事の対価はお金だけではなく人間的成長も

    仕事の対価仕事の対価はお金だと思っている人もいます。生計を維持するためには当然お金は必要ですから、仕事の対価としてお金は大事だというのはおかしい訳ではありません。

  5. ソクラテスの死の受容を見倣う

    ソクラテスの死の受容ソクラテスは裁判によって毒死を命じられましたが、少しも動揺せず、自ら死を受容し、毒死の道を選びました。

  6. 何のために働くのかで悩むとき考えるべきこと

    何のために働くのか何のために働くのか分らず悩むこともあります。働いていたとしても何となく働いていて、働き甲斐を感じられないという人もいるでしょう。また、経済的に豊かになり、家庭も順調だが、何か空虚さを感じることがあるという人もいるかもしれません。

  7. 哲学的スピリチュアル・ケア|人は欠けた点があっても使命があって生まれてきたもの

    人には誰でも使命がある何か欠けた点があって、それにこだわり、引っ込み思案になってしまうこともあります。しかし、この世に生を受けたということは、いかなる人でも何かの使命、天命があって生まれてきたものです。

  8. スピリチュアルケア|終末期医療の選択を誤らないための死の受容

    死の受容ができていないと終末期の治療の選択を誤ることも現代人は実際に自分が死に直面しないと死というものを考えようとしません。「自分は大病にはならない」と思いこんでいたり、自分だけは死なないと思っている人もいます。

  9. スピリチュアルケア|終末期患者の家族の死生観を一つにするには

    家族の死生観がバラバラでは結局延命治療に誰でも必ず死があります。しかし、どういう死に方か、いつかというようなことは誰にも予測できません。80歳以上の死にいたる病としてはがんの他、心疾患、肺炎、脳卒中などがありますが、かん以外の方が圧倒的に多いのが現状です。

  10. スピリチュアルケア|欧米人と日本人の死に対する考え方の違い

    欧米人と日本人は宗教や育った社会環境の違いがあり、死に対する考え方、死生観が違います。欧米人の死生観欧米ではキリスト教が一般的で、そのため人間は死んでも霊魂として天国または地獄に存在することを信ずるため、死そのものを恐れる、恐怖に感じることは日本人に比べて少ないでしょう。

ページ上部へ戻る