心の悩み・病気の克服法

  1. 自己受容できれば心の悩みは超えられる

    自己受容できないと心の悩みが深まる自己受容ができる人は、心で悩んでもすぐ前向きな生き方に切り替えることができます。

  2. 心の悩みの解決|形から入って行動することで心を変える

    心の悩みが解決できないのはくよくよと心で悩み、なかなかやるべきことに手が付かないことがあります。このような場合、くよくよ悩まなくなったら行動しようと考えると、いつまでたっても行動できないだけでなく、ますます悩みが深くなっていきます。

  3. 心の悩み|不安を無くそうとするより目的の行動をすること

    心の悩みは自分で作っている人間はしばしば心の悩みに囚われて目的の行動ができなくなることがあります。心の悩みの一つに不安があります。たとえば、入社試験が近づくと、面接でうまくできるか不安が起きてきます。

  4. 仕事で完全主義に拘ると自信を失いやすい

    完全主義の問題かくあるべしということに囚われて実際はそのようにはならず、肝心なやらなければならない仕事が思うように進まないということがあります。思うようにならないと自信を失うことになってしまいます。

  5. 人と打ち解けられない悩みで人を避けてしまうのは

    人と打ち解けられない悩み人と打ち解けて話をすることが苦手で悩み、引っ込み思案になって、人を避けてしまう人もいます。

  6. 失敗、悩みからも人間は成長できる

    失敗、悩みからも人間は成長できる人間は成功したり、喜び、創造というものによってしか成長できないということはなく、失敗、悩みからも成長できます。トルストイの「イワン・イリッチの死」の中にその例がでてきます。

  7. 感情にとらわれず行動すれば心は自由に

    人間は人によく思われたい、思惑が気になる、軽蔑されたくない、尊敬されたい、憎い、腹が立つ、寂しい、恐ろしい、心配というような感情が起きてきたときに、感情に負けて行動すれば、人からは認められず、ますます感情に逆らえなくなっていきます。

  8. 不安でも飛び込み、断行することで道は開ける

    人間は何か決断し、行動に移そうとすると、ああでもないこうでもないと思い悩み、なかなか行動を断行できないことがあります。行動できても自信がなくびくびくハラハラすることもあります。いくら考えても、行動の結果は前もって読めないことの方が多いでしょう。

  9. 死後は論理ではなく、「確信」するもの

    誰でも自らの死は恐ろしいものです。できれば自分だけは死なないことを望むものです。しかし、自然が定めた通り、だれにも死というものは訪れます。そこで、人は死んだらどうなるかを知りたくなります。

  10. 誰でも思いやりの心を身に着けるには

    思いやりの心が育っていれば、自己中心な考えも少なくなり、対人関係もスムーズになるものです。利己的な心でいれば、人と対立し、また人から信頼を獲得することも難しくなります。利己的な心は争いの原因となり、また心の悩みの原因になります。

ページ上部へ戻る