自律訓練法

  1. 催眠にかかりやすい人とそうではない人の特徴

    性別、知能、性格、体格などと催眠にかかりやすさとの関係の調査・研究結果を紹介します。若い女性は催眠にかかりやすいと俗にいわれます。

  2. 自律訓練法と催眠療法

    催眠を病気の治療に最初に使ったのはドイツのメスメルでした。メスメルは患者に催眠をかけ、恍惚状態にして、暗示によって病気を治療しました。

  3. 自律訓練法でストレスを和らげる

    ストレスという言葉はラテン語でアクセントを高める、強調するという意味です。セリエによって外部刺激に対して生体内部におきる生理的な反応をストレスと言ったのに始まります。現代人は日常的にストレスにさらされています。

  4. 自律訓練法は世界中で実践されている技法

    誰や行っても同じようにできるように手法が標準化されているのが自律訓練法の特徴の一つです。それによって一人で練習して、効果を得られるところまで進めることができます。決まった暗示の言葉があります。

  5. 自律訓練法の優れた点・メリット

    自律訓練法の優れた点自律訓練法はドイツの精神身体医学者シュルツによって1932年考案されたものです。他者催眠では催眠状態は被暗示性が高まりますが、被催眠者は無意識、無感覚となります。催眠者の暗示で誘導されます。

  6. 坂本式自律訓練法の特徴

    坂本式自律訓練法の特徴岩井寛教授によると精神療法において一つの療法では直せないと言うことです。患者は一つの療法だけでは精神のダメージを受けるということです。インフォームドコンセントが必要になります。自律訓練法は患者が自分で治すという立場にあります。

  7. 自律訓練法の効果とは

    自律訓練法の効果自律訓練法は催眠療法の一つです。心をやわらかくします。自律訓練法で人格を変えようとする効果は期待できるものです。 心を再教育、再構成しようというのが自律訓練法です。ホリスティック医療ではこれを取り入れています。最も優れた精神療法です。

  8. 催眠と自律訓練法の関係

    催眠マインド暗示を受けやすい変性意識状態のひとつ。メスメルの動物磁気説から発展したものです。 人間はマインドコントロール状態を解くには催眠が有効です。催眠で人間の精神が自由になります。メスメルの催眠療法は精神をやわらかくします。とらわれから解放します。

  9. 自律訓練法とは何ですか?

    自律訓練法とは自律訓練法は1932年にドイツの精神科医シュルツによって創始された心理生理学的治療法です。

ページ上部へ戻る