西式健康法

  1. 西式健康法で高血圧を下げる方法

    西式健康法,それを引き継いだ甲田式では血圧を安全に下げるため、生野菜食を勧めています。

  2. 老化のスピードを遅らせ長寿になるには

    老化は食事や生活習慣を改善していくと、遅らせられるものです。それによって健康が保たれ、結果として長寿になる可能性が高まります。老化にはテロメアが関係しているのではないかと言われています。

  3. 生野菜ジュースは繊維質を一緒にすりつぶして食する

    生野菜食は健康維持に大きな効果があります。最近では野菜中心んの食が健康の維持のために有用だということが世界的になり、フランスでは1日1キログラムという基準にしようという動きもあります。現代医学では1日700グラムを目指すことが推奨されています。

  4. 食と健康に欠かせない野菜のとり方

    野菜は生が健康によいか、加熱した方がよいかという問題があります。これについて甲田博士の意見は、健康や病気治療に生野菜食がよいということです。たとえ玄米と野菜食を実行しても加熱した食ばかりではガンになるリスクが高まります。

  5. 西式健康法の高血圧の基準

    西式健康法の創始者西勝造先生は血圧について、20歳以上の人について、最大血圧=115+(年齢ー20)/2最小血圧=最大血圧*7/11と言う式を提唱されました。女性はこの式より5低いとしました。

  6. 西式健康法と坂本式健康法の違い

    坂本式健康法の特徴西勝造先生は健康の四大原則で精神を重要としています。しかし、西勝造先生は精神をどう高めるかについては心身医学のレベルに留まっています。精神と体の関係を扱っているだけです。何が精神の力かは言っていません。

  7. 食べ物と血液の質の関係

    食べ物と血液の質西式健康法では何を食べるか、どう食べるかを大切に考えます。食べ物と血液の質とは密接に関連しています。血液を楽に循環させるには血液の質を中性に保つ必要があります。偏れば病気になります。

  8. 皮膚の美容に西式健康法が効果的

    西式健康法は本来健康長寿のためですので、皮膚の美容はその副次的結果です。なぜかと言えば、この健康法は、人間を、身体(ボディ)心理(マインド)精神(スピリット)の生命存在として全体的に(ホリスティック)に捉えて健康と長寿を創造するからです。

  9. 西式健康法の長寿についての考え

    西式健康法の長寿についての考え西勝造先生は「人間の寿命は心臓、腎臓、ならびに血管に支配される。もし、われわれが、心臓、腎臓、ならびに血管について真に理解するならばわれわれの寿命はただちに二倍となるであろう。」と述べています。

  10. 生水を飲む習慣は健康のもと

    生水による健康人体の60%は水分です。水分を補給しなければ、命を永らえることができません。従って、適量な水分補給は欠かせません。また人間の血液を中性に保つ事は難しいものです。 水は血液を中性にします。

ページ上部へ戻る