ブログ

  1. 在宅介護のストレスとその軽減について

    在宅介護のストレス在宅介護の介護者にかかるストレスとしては身体的ストレス、精神的ストレス、人間関係ストレスがあります。在宅介護では介護者が一人ということも多いので、ストレスは蓄積しやすく、軽減も難しい面があります。

  2. 人生の苦悩があっても自然治癒力は高められる

    自然治癒力の意味するところ人生の肯定的イメージを持っていれば健康で自然治癒力も高く、否定的イメージを持っていれば不健康で自然治癒力も低いと単純なものではありません。

  3. 病気はまずそれを受容し最善の行動を心がける

    病気を受容する病気になってしまったら、あきらめたり、自己否定したりせず、素直に事実として受容することが大事です。その上で、その条件の元で最善の行動心がけて生きていくことです。

  4. 心の終活の大切さ

    心の終活最近終活ということが注目されていますが、心の終活をいう人はあまりいません。財産の相続、葬儀、お墓などの準備もあるでしょうが、自分の心について死の準備をすること、周りの人との人間関係の終活ということも 終活として大事なことです。

  5. 緩和ケアで患者とのコミュニケーション能力を高めるには

    技術によるコミュニケーション能力アップ緩和ケアで患者とのコミュニケーションで気がかりを適切にひきだすには、単に生物的な病に関するコミュニケーションだけでは不十分です。

  6. 緩和ケアで悪い知らせを患者にどう伝えるか

    緩和ケアで悪い知らせを伝える緩和ケアで悪い知らせをどう患者に伝えるかは患者の悪い知らせに対する適応に大事な働きをします。

  7. 緩和ケアの面接で患者の気がかりを引き出すには

    緩和ケアで患者と面接で気がかりを引き出すには緩和ケアの患者との面接で、患者の気がかりを引き出すためには、緩和ケアスタッフが身体的なことに絞った話を聞くだけでは、不十分と言われています。

  8. 介護で多忙を理由に利用者の頼みを断る習慣の問題

    介護施設の利用者の頼み介護施設等では職員が多忙のため利用者の頼みを十分な説明もなく、無視したり、断る場合もあります。介護の利用者が認知症のような場合、何度も頼みをすることがあります。利用者の頼みにいちいち応じていると癖になるという考え方もあります。

  9. 緩和ケアで患者の心の苦悩に対応困難と感じる

    緩和ケアのスッタフの不安緩和ケアでスタッフが患者の心の苦悩を聞こうと考えても、患者やその家族の苦悩の深いことが分るため、積極的に苦悩を話すように言うと、対応することができなくなるということに不安を感じ、積極的になれないということがあります。

  10. 徳のある介護、看護能力を潜在意識の力で身につけるには

    徳のある介護、看護徳のある介護、看護の能力は先天的、または長い経験で身につくものとされ、誰もが努力すれば徳を身につけられるとは限らないようなものと言われています。

ページ上部へ戻る